竜神の森プロジェクト
プロジェクト概要竜神の森プロジェクトクレジット活用・活動提携企業様自然王国 津南町

秋の跡
2016/10/03(月) 17:39
活動報告
2016/07/13(水) 13:42
新潟フェア2016
2016/07/01(金) 14:36
極寒の作業
2016/02/10(水) 16:58
寒波が過ぎ
2016/01/27(水) 10:24
暖冬小雪
2016/01/09(土) 16:16
整備と状況
2015/10/27(火) 17:01
紅葉見頃
2015/10/27(火) 16:41
バッタ
2015/10/15(木) 23:30

新潟県オフセット・クレジット(J-VER)制度に基づく
温室効果ガス吸収プロジェクト

「雪と水の恵み」をテーマに地方の持つ山林の水土保全機能の維持と、その水がもたらす農作物、電力などがその多くを都市部で消費されていることから、苗場山を取り巻く津南町・湯沢町・長野県栄村など山村部と都市部との連携による循環型森林整備を目指し、「雪国が100年後も雪国であるために」地球温暖化の防止と山村地域の活性化を図ることを目的としてカーボン・オフセットクレジットを創出する事業です。

プロジェクトの目的

世界でも有数な豪雪地帯である津南町。雪国において「水」と「山林」は地域の環境保全に重要な役割を担っていますが、地域の担い手不足や木材価格の低迷など、森林整備を地域だけの負担で進めていくのは難しい状況にあります。このプロジェクトではクレジットの売買を通じ、都市部と連携することで地域の問題を解決し、「雪国が100年後も雪国である」ための環境を次世代に残す一助となることを目的としています。

主なプロジェクトの内容

少子高齢化が進む山村地域の活性化と民有林の所有者負担軽減を図ります。
 (1)山林の間伐施業を推進し、二酸化炭素吸収量を増加させます。
 (2)民有林の整備資金を確保し、山林所有者の負担を軽減します。
 (3)地域資源のカーボン・オフセット商品化や都市部企業への販売など、クレジットを流通させ地域経済の活性化を図ります。

プロジェクト運営組織

竜神の森プロジェクトは、民間(津南町森林組合)とNPO団体(GO雪共和国)そして行政(津南町)の三者が協力して行う事業で、地域おこしを目標に地域で創出したクレジット(排出権)を地域で育くまれたモノやコトに付加して町ぐるみで販売いたします。


新潟県カーボンオフセット制度

新潟県でも温室効果ガスの排出量は大幅に増加しており、企業を始め各家庭でも削減への取組が重要になっております。県では、平成21年から県内の森林整備プロジェクトのCO2吸収量を認証する県独自の「新潟県カーボン・オフセット制度」の運用を開始し、平成22年には、全国で初めて「国のプログラム認証」を受けました。これにより、県が認証したCO2吸収量は「新潟県J-VER」として、国のJ-VER登録簿(全国市場)に登録され、全国の企業に活用してもらうことが可能となりました。



地域の活性と雪国を守る Save Our Snow

雪国を守る。みんなで守る


雪はそこで暮らす人に多くの試練を与えると同時に、様々な恵みをもたらし独特な雪国文化を育んできました。 しかし今日の地球温暖化の進行によって降雪の減少が懸念されています。 これは雪国にとって切実な問題です。 なんとかしてこの美しい雪国を次の世代に残したい。 そんな想いで私たちはCO2削減を目指したカーボンオフセットプロジェクトを立ち上げました。 それがSave Our Snow(SOS)プロジェクトです。

地域循環型社会を目指して

Save Our Snowプロジェクトは、地域で創出したクレジット(排出権)を地域で育くまれたモノやコトに付加して販売することにより、環境保全と地域振興を両立させる「地域循環型カーボンオフセット」を目指しています。 都市で暮らす人がカーボンオフセット商品を購入することで、気軽に雪国の環境保全に参加できるようになるとともに、地域産品やサービスの販売を通して地域振興にも貢献していきます。

魚沼地域オフセット・クレジット活用推進協議会

全国特定地域推進協議会